麹療法 4

吉野料理教室 よろしくお願いします ごま

<script data-ad-client=”ca-pub-4041836746928942″ async src=”https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>

ゴマを、取りすぎないように気をつけてください。私は多く食べ過ぎて、脂肪肝と言われてしまいました。カルシウムの摂取について、昆布と煮干しを食べ始めてから、5年前位から続いていた 爪が割れるのが、止まりました。すごく痛かったので、単純にうれしいです。棒鱈が、128円で売られていたので、ヤスイシおいしそうなので買いました。1本を、3つにきってもらい、ちょっと濃いめの味付けにして、シャトルシェフで5分(加熱時間)煮ました。そして3時間ぐらい、保温しました。とっても美味しいので、おやつに2切れ食べました。そしたら熱が出て熱が出てと言う状態に、2時間ぐらいなりました。棒鱈は、亜鉛とビタミンEが、たくさん取れる魚みたいです。あたしはその栄養素も、不足していたのかもしれません。体がとても楽になってきました。棒鱈が、おやつなんて、しろくまさんみたいですね。魚肉ソーセージを勧めていましたが、人工的なカルシウムが、加えられているのでやめたほうがいいと思います。私はだしを化学調味でとっていました。昆布1本を4センチに切る。煮干しは握りこぶし半分、ボール1杯の水に一晩、浸し、五分程沸騰させるか、1000シーシーの水を入れて活力鍋高圧3分、それだけでは美味しくないので、800シーシー位の水を煮立たせ 、鰹節を、握りこぶし1つ分、2分間煮立たせます。そして10分以上置いておきます。味噌漉しのようなもので、液体のみにして、昆布と煮干し汁に加えます。私は乳製品は大好きですが、乳製品が、合わなかったようです。煮干しと昆布は必ず食べてください。煮干しと昆布と鰹節の味噌汁を飲み、少しずつですが調子が良くなっています。乳製品にはたくさんカルシウムが含まれていますが、それをうまく利用することができなかった。それが 、がんの原因かもしれません。
日本人の2人に1人が、がんになる、そして3人1人が癌で死ぬ。あまりにもおかしい状況ですよね。こんな冷食ばやりの、コンビニ弁当が売れまくっている。そんな時代に、手作りをして食べましょうと言うと、人からは嫌われます。だから私と同じ考えの人以外の前では、食べ物に関する話を一切しません。変人呼ばわりされたり、家に、いて家事をする私を、無能呼ばわりされることは、結構多い事でした。でもがん患者のみなさん、幸せってなんでしょう。病気をしていても普通に暮らせることではないでしょうか。私はまずい和食を食べても、体が病まないことを選びます。

「麹療法 4」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です