麹療法 13

吉野料理教室 よろしくお願いします ごま


13<script data-ad-client=”ca-pub-4041836746928942″ async src=”https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>

私はがんには肉が悪いと思っていました。父は、1月に1回か2回豚肉を食べる程度でした。父は山のように魚を食べます。私は魚も嫌いだし、そんなにたくさんの量は食べられません。以前鶏肉を食べたとき次の日体が痛みました。すごく悩みましたが、豚肉を1日100グラムを目安として取ることにしました。そしたらやけどをしたときの皮膚の黒くなった部分が治りました。その火傷は油炒めではねたものです。鶏肉や豚肉は食べすぎない程度に必要だと思います。牛肉は食べてはいけないと思います。私は子供の頃から父も母も食べないし、においが気になって食べられません。コンソメも牛成分が入っているコンソメを使ったら、具合が悪くなります。最近は食欲に負け、肉をたくさん食べてしまう日もあります。体力がついてくると、肉も栄養として取れるのではないかと思います。 肉を食べるときの見極めが、とても大切です。息子が私のことを豚丼と言うので、豚丼と言うニックネームにしているのです。娘が言うには、ハゲタカと言うよりはいいんじゃないのと言われますが、ほっそりしていたい私にとっては、息子に豚丼と呼ばれんのがいやです。でも子供たちの大好きなものを作ってあげられることが私にとっては1番大切なことです。続けて動くとめまいや頭痛に襲われので、1時間うごいたら3時間休むと思っていますが、なかなかできずに、ぐったりしてしまうことも多いんです。昼間から寝てばっかりいられていやだと子供から結構嫌われています。

「麹療法 13」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です