麹療法38

麴療法38

オリンピック反対
医療従事者も飲食店関係者もみんなすごく大変な思いをしている
外国の人に来てもらってその人が日本で命を落とすことになったら大変だ
ワクチンは外国製に頼っているといつになるかわからない
日本では5.3兆円の軍事費を使っている
ワクチンを開発しているところは今三社と報道されている

4社でした
そこに2兆円規模の投資をしてほしい
できるであろうワクチンを物のない状態でかってあげて欲しいそうすれば製薬会社も30万円払って実験台になってくれる人を見つけられる
健康な人にワクチンの実験台となってもらうためには30万円ぐらい必要だろう
70代の女性がこう言っていた国会議員は何一つ実績を示していないのだから体を張ってほしいとすなわち無料でワクチンの実験台となってほしいということだあの人たちは豊かでお金を持っているからそれが国民の正直な声ではないだろうか私もそう思う
ワクチンを打つ優先順位は本当に高齢者でしょうか
医療従事者はもちろん先ですが 病院の売店に働いている人もとにかくコロナの患者さんに関わる人は皆に打って欲しい
晩婚化が進んでいます50代半ばを過ぎても中学生のお子さんのいる人は少なくないと思いますその中で心筋梗塞になったりそれでも頑張って働いてる方もいます
私は子供がいて基礎疾患を持っている方に一番先にコロナワクチンを打ってあげてほしい
ワクチンが足りないのであれば人口に応じて割り振るしかないんだけど
それは医師会の先生を信じて分配してもらうのがいいと思うどういう患者に打ちたいかっていうことで私なら子供がいてスーパーに勤めてるとか人と接する機会の多い人を優先させてあげてほしいと思う
命は平等だと言うけれど私は子供が社会人となるまでは絶対死ねないと思ってしがみつくように痛みの中這いつくばっていきてきた
子供に対して満足なことができていたかといえばお恥ずかしいぐらいの有様ではあるけど私が死んでしまえば子供は誰もいないのである

9割方がんになってしまうものを発見
旭川の市営住宅に入居してからどんどん具合が悪くなってきた
めまいふらつき痛みでどんどん歩けなくなって言ってしまった
なぜそうなったのかどう考えてもわからなかった
以前栗山町に住んでいた時は周りの人から子供が小さいから農薬は撒いてはいけないとがっちり言い渡されていた
草むしりが間に合わず 恥だと言われることもあった
旭川には緑の相談所というところがあって作物の栽培の仕方とか教えてくれる
雑草についての相談をしたらラウンドアップをまけばいいって教えてくれた
今までは除草剤が悪いとためらっていたが、まいた
その夜から歯が痛くて動けなくなってしまったその鋭い痛みは
以前市営住宅にいた頃の癌の痛みとすごく似ていた
ということは私が動けなくなった原因は除草剤のラウンドアップだったということだ
ラウンドアップがんということで調べてみると
アメリカの男性がラウンドアップを作っているところを訴え 裁判所が320億円の支払いを命じている

なぜ日本ではラウンドアップが禁止にならないのか不思議に思いますよね

アメリカのトランプ大統領がラウンドアップの規制を緩めて
それを買うためには日本でも規制を緩めた
農薬のことは貿易と深く関わりがあるんですね
自動車で儲けているからそのことに目をつぶらなければならない
それが国の考え方なんだと思うけど
お金をどんなにもうけても体には変えられませんよね
周りの人がどんどん死んでいくそれが一番やなことですね

ラウンドアップは食べものと飲み物
呼吸して肺から、除草剤が取り込まれます
の二つを無くさなければいけません

長い期間無農薬野菜を高くても買って食べていましたそれでもほとんど効果がなくまさか除草剤が原因とは考えることができませんでした

ラウンドアップは商品名です この会社はベトナムで枯葉剤を作った会社だとネットに書いてありました

他にはグリホエキスとか商品名があり

薬の名前はグリホサーと

参考サイト
https://www.shizenha.ne.jp/coop/view/2/glyphosate/
グリホサートを
取り込みたくない!
ビデオを見てください いかに多くの国で禁止されてるか

衝撃的なこともおしえてくれます

こっちも読んでほしいサイト
ある農薬が世界で規制され、日本で緩和される理由

今歯が痛くて仕方がなくてカロナール400を飲み痛みをこらえながらこれを書いています

言いづらいことをズバズバ言うから私は人から嫌われると思うけどガンの痛みは半端の痛みではありませんこれでかなりの人がんにならずに済むのであれば私は嬉しいです

麹療法36重大発表

重大発表<script data-ad-client=”ca-pub-4041836746928942″ async src=”https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>

事務員に戻りたくても、長い期間のブランクがあり、50歳を過ぎて就職が難しいです。

自分が経済的に見通しが立たないと、人に自分が治った情報を伝える気持ちにはなれませんでした。

5年かかるか10年かかるかわかりませんがわたしが自分で経済的に見通しが立ってから人に伝えようと思っていました

 

 

そこで、わたしが治った方法をみなさんに公表し、私も料理教室をしたいのでみなさんに生徒になっていただき助けてもらおうと思いました。実際に行ったことをこのブログに載せようと思います。わたしはがんは栄養障害で起こる病気と考えました。仮説を立てて行ったことですが、理論については、いつか本を出せたらその時に書こうと思います。

gannaoru114@gmail.comにも何もメールが来ないし、アクセス数も多い時で15くらいなんですが、わたしがよくない商品を発表するとスーパーでその食品が売れなくなっていて不思議に思っていました。

そんな私の気持ちを動かしたのは、白血病を公表した水泳の池江選手でした。

わたしの息子は中学からスポーツをしていてスポーツで大学に行かせるのは無理なので本人にそのことを伝えていました。大学から特待が来ることを夢見て、息子はスポーツに励んでいたのです。わたしは息子のそんな気持ちに気づけませんでした。全国大会の予選で負けてしまい、本当に夢となってしまいました。もうほとんど歩けなくなっていた私は息子を旭川市外に出すことができませんでした。私が死んだあと、旭川で姉弟で助け合いやっていってほしい。それだけの希望しか持てなかった。今こうして生きていることが不思議です。池江選手には何とか、後遺症なく、回復してほしいと思っています。

吉野料理教室

北海道旭川市豊岡5条6丁目4-16 電話は0166-35-0123

吉野理香

Rika Yosino

6-4-16,Toyooka 5jo,Asahikawa,Hokkaido,078-8235,JAPAN

個人レッスンを主体とした料理教室を考えています。お友達、親子、ご一緒OKですお子様づれ

外国人のかたも歓迎です。言葉がわからないので、パソコンに打ち込んで変換しながらの会話になりますが、それでよろしければ

教えるのは店屋物も教えますが、包丁がうまく使えない。魚の焼き方がわからない。卵焼きが上手に焼けない。料理レシピを見て作って失敗してしまう

そんな初歩的なことを一緒にやっていけたらと思います。1つ2つと出来るようになると自信がつき料理教室に来なくてもよくなります。糖尿病でお世話になっている栄養士さんはわたしのがんばってよいところを認めてくれます わたしも人にかかわるとき見習いたいと思っています 技術も大事ですが人の気持ちを考えて少しでも明るく過ごしてもらえるようにかかわりたいです

ウキウキ、晴れの日の料理、友人が来るからとっておきのおもてなし、そのかたがどんなものが好きか聞いて一緒に考えたいと思います

日本全国出張します。料金についてはメールで相談したいと思います

gannaoru114@gmail.comで予約してください

つくりかけのブログですが、https://yosinoryouri.wordpress.comよかったら見てください

 

がんの症状が良くなったときのお礼は自分のうちに無料で泊めて食事をだしたり面白い話をしたりもてなしてもらえませんか。わたしは旅行が大好きなので、宿があるとありがたいです。

日本のかたも外国の方も旅費ができたら行きますので招待状を送って下さい

楽しみに待ってます。

この食事療法は、体が、痛くてなど、困った症状がある人だけにしてください。

症状がよくなったら徐々に制限を緩めてください

重大発表2

らっきょうの甘酢づけを3個(1個6グラム~12グラム)と米ぬかおおさじ2~3(8グラム~12グラム)を冷水にといたものと和食(塩分をとる)と一緒に食べ4か月目につらい症状が消えました

私の考えでは、玉ねぎの甘酢漬けでも良く現在食べているのは玉ねぎの甘酢づけです。目分量でらっきょうの2個分ぐらいの量。はかってみたら17グラムでした。らっきょうの甘酢漬けや玉ねぎの甘酢漬けを多くとると胃がいたくなります。自分で加減してください

 

※らっきょうの甘酢づけか玉ねぎの甘酢づけと米ぬかと和食(塩分をとる)はずっと続ける1日3回の食事のとき必ず

※らっきょうの甘酢漬け、玉ねぎの甘酢づけは必ず自分でつけてください つけ方はわたしが書いたつけかたにしてください。

米ぬかは毎日精米し冷凍保存

食事は自分で作る(加工食品を食べない)

お酒は調味料のみ

砂糖は調味料のみ

人工甘味料禁止

カルシウムは牛乳以外でなるべくとる

煮干しなどの小魚が良いカルシウムがとれないときは牛乳でも良い

不足するとわたしの場合は足が痛くなります

食事の前後30分あたたかいものはとらない

カフェインをやめる

コーヒー、紅茶、緑茶、番茶、烏龍茶など、

チョコレート、ココア

小麦粉をやめる

パン、スパゲッティ、ラーメン、うどん

米、もち米は良い

油は控えめに

肌があれない程度に

 

玉ねぎの甘酢づけ

玉ねぎ(135グラム)     1個

砂糖              大さじ3

酢(黒酢)           大さじ2

玉ねぎをたて2つに切って、片方づつ2mmぐらいにスライスして、ふた付きのタッパー(酢を入れてよいものを選ぶ)に入れ、全体をかきまぜ、ひと晩おく、それで食べれます。1日目のときは、漬かっているところを探す

必ず、冷蔵庫で保存   4~5日間はもちます

 

 

らっきょうのつけ方

らっきょう1kgにつき

合わせ酢

水    150mℓ

氷砂糖  250g

純米酢  350mℓ

 

氷砂糖100g~150g

赤とうがらし3本

1皮をむいてらっきょうをきれいに洗う

2水150mℓ、氷砂糖250g、純米酢350mlを煮立たせる

氷砂糖は全部溶けなくていい

完全にさます(重要)

4洗ったらっきょうをキッチンペーパーで水けをよくふきとり、保存性の高い広口びんでつける らっきょうには熱をくわえないこと

5氷砂糖を100gたす 赤とうがらし3本を入れる

 

北海道は寒いので冷蔵庫に入れませんでしたが、住んでいる場所により冷蔵保存が必要かもしれません

6 21日ぐらいで食べれます

らっきょうの甘酢漬けは、岡野保子さんのレシピを参考に考えました

 

 

事業主の皆さんお願いがあります。がんでやめた従業員をアルバイトでもいいから働かせてください。後遺症が残ると新しいことを覚えるのは大変で今までやっていた仕事が一番できる可能性が高いと私は思います。今の食事ではいつだれががんになってもおかしくありません。

 

 

麹療法 3

<script data-ad-client=”ca-pub-4041836746928942″ async src=”https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>

自分では皆さんに、麹を取ることを勧めていましたが、痛みがなくなると、和食も嫌だし、麹は、いずしで、とっていましたが、それも飽きてきて、なんか体調が悪くなり、また、麹で作った 甘酒を飲み始めました。そしたらお腹がすごく痛くなり、腸の悪いものをはぎ取られるような痛さです。甘酒が甘くて飲めないので、豆乳ときな粉を、入れています。そしたらいくらかマシです。少し体調が良くなり私は、2 、3時間、普通にうごける時間があります。あとはぐったりしたり、熱を出してたりしています。この8年間で、今年が、いちばん良いのです。今年が楽しみです。プリンを作ったり、パンを焼いて失敗したり、息子に、ブーブー怒られました。
娘は大学3年で、息子は高二で、あと1年ちょっとで、ひとり暮らしになる予定です。それで、誰かと一緒に暮らしたいと思い、A市が運営している結婚相談所に申し込もうと思い、電話しました。相談員の方に、写真が必要と言われ、写真屋さんで撮ったほうがいいと、勧められました。A 市で子供の写真を撮るときに探した1番安い写真屋さんに、行きました。それでも、3,700円もするのです。ブスなので、写真を見て、断られそうです。相談員の方も、綺麗な人が、好まれると、言うようなことを言っていました。娘は自分の写真を、若い時の写真だと言って、出したらといいます。会ってみればすぐわかってしまうことなので止めておきます。A市の結婚相談所では、独身証明と言うのを持ってきてくださいと言われ、そんなものがあるんですね。写真交換でボツのような気がしますが、一応努力はしてみようと思っています。
これから夕飯を、真面目に和食にしようと思っています。今日は、ホッケの煮付け、宝袋、金時豆、おんせんたまごを作りました。
アー、和食はうんざりだなー、ビーフシチュー、ミートスパゲティー、食べたいなぁ

他の方の がん闘病ブログを見たら、亡くなった方のものでした。人ごとではありません。

平成24年の6月には、もう あたしに、死が、忍び寄っていました。自転車を、こぎながら、もう二度と、外の風景を、見る事はないと、思いながら 、病院に向かいました。それは何とも言えない、この世との別れだなあと、しみじみとしたものでした。家で死んだら、子供たちが、どうしたらいいか、 わからなくなるだろうと思い、病院で、しなせてもらおうと思ったのです。先生や看護師さんは、 死に慣れていて、その方が安心だと思ったのです。 わたしは看護学校を、3年生で、足が痛くて、立っていられず、中退しているのです。その病棟にも、実習 でいったことがあるので、私と同じように、背中の痛みを、訴える患者さんがいて、看護婦さんに、治る病気なのと聞くと、首を、横に振られました。27 年前は、白血病も治らない病気と言われていました。陰で、医療関係者が、その病棟のことを、死の病棟と呼んでいました。今は白血病が良い薬が出ていて、治る病気になっているようです。私は、多発性骨髄腫なんて、なんて 、 運が悪いんだろうと、 思っていました。こうじに、であって、働くまではいかない状態ですが、日常生活は、何でもないのです。暖かくなったら、日帰り温泉や、お花見に行くのを楽しみにしています。でも、5キロ以上の重いものを持つことや、雪かきができません。

麹療法 2

<script data-ad-client=”ca-pub-4041836746928942″ async src=”https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>

ごまを食べ始めてから、何日たったかわかりませんが、めまい、ふらつき、熱、倦怠感がとれた。自分でも信じられません。ただ横になっていることが多かったため、起きて体を、動かし始めると、体が、筋肉痛で痛くてたまりません。まるでお産の後、病院から戻ってきたような感じです。ごまを食べて、みようと、思ったのは、お坊さんが、栄養不足の時、ごまを食べると、良くなったと、人から聞いた、記憶があったからです。仕事は、採用してくれるところがあるかわかりませんが、いちにちに2から3時間の事務の仕事をしようと思っています。ワードとエクセルができないといけないので、覚えたいと思っています。そして体を動かしても良くなってきたら、まず焼き場のお茶だしのパートに行きたいと思います。今お盆だけお寺さんに、お参りを頼んでいる家が、多いとのことですが、私は信心深いわけではないのですが、父、母が出てくるので、毎月、お参りを頼んでいます。焼き場に行ったら、父と母と話せるような気がします。この世とあの世の境が見えたら、焼き場のパートは、れいに憑かれたら困るのでやめようと思います。しかし、ごまを、食べて良くなるなんて、お医者さんに話したら、こまっちゃうですよね。このブログを見た人は、身近な人で、がんの人がいたら、このブログの中身を、伝えて下さい。私は、医食同源と言う考え方が、好きで、食べ物で、体が作られていると、食べることを大切に考えています。
体が痛まないことが、どんなに素晴らしいことか、病気をとおして、教えられました。すべての病人の願いであると思います。
私も女ですから、顔のシミをとても気にしていました。何十万も払わなければ、取れることはないだろうと思っていましたが、かなり取れました。私の願いって、とてもささやかだと思います。

麹療法 1

1 

こうじ療法<script data-ad-client = “ca-pub-4041836746928942” async src = “https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”> </ script>

これで癌の激痛から解放された

1人でも多くの人が痛みから解放されるためにこれを書きました。
日本人にガンが増えたのは麹を取らなくなったのが原因だと思います
平成22年4月より少しでも良くなりたい一心で本を読んで、できるだけのゲルソン療法を行いました。激しい痛みが足を襲い、2週間部屋の中を転がって 歩いた。ほくろがかなり減った。たんぱく質を控えるため、皮膚が、ボロボロになった。かなりの痛みが取れたが最後の背中の激痛が残った。そして考えてみましたが、8年前に離婚した夫と生活していた頃には、病気は進まなかったのです。夫の親がくれるすごくしょっぱい味噌を食べて いました。娘が言うには、夫の親の家の味噌は 甘かった。私は鈍いので、1年以上もつような(常温で)、しょっぱい味噌を持ってくる、それが意地悪とは、気がつかないのです。夫の母は、味噌は、煮立ててはいけないとよく言っていましたがよく意味がわかりませんでした。それで、煮立ててしまうことが多かった。趣味で、作っていた梅干、鰊漬けを作れなくなってから、癌になった父、私は、こうじと梅干しと和食に何かあるのではないかと疑いをかけてみました。こうじが 80度で死ぬことがわからず みそを 沸騰 させることが 多かった。でも病気は、あまり進まなかった。以前住んでいたA市に戻り、病院にもかかったが、室内の移動も満足にできなくなっていった。それで、私は、こうじを取らないことが、原因ではないかと疑いをかけました。50年前まで、各自の家で味噌は、作られていた。こうじで作った甘酒については、江戸時代に夏バテ防止に効果のある健康飲料として親しまれていたといいます。味噌、甘酒、三升漬、塩こうじの漬物を食べ、私は、日常生活には支障がなく、仕事を始めたいと、考えられるようになった。 でも今現在激痛はなくなりましたが、だるさと熱で、仕事ができる状況ではありません。50年前、鶏肉は、月1回、豚肉は、年の暮れに1回、冷蔵庫がない。がんは、タンパク質、脂質、砂糖の摂りすぎ、冷蔵庫、エアコンの普及による冷え、避けられないストレスによるものと考えられます。
日本人は、米、大豆、麦、野菜、魚を、食べていた。和食以外は、消化に負担がかかり、消化酵素の消費が多いと考えられる。人間の体は、代謝酵素と消化酵素があり、150歳位まで生きられる分持って生まれてくると言われている。消化に負担がかかると代謝に回る酵素が減り病気になる。日本人では乳製品の合わない人がいる。アトピーは病気では無い。日本人の体質である。父は牛乳を飲むとお腹がゴロゴロするといい乳製品は、ほとんど取れなかった。乳製品、肉、パンはダメ、甘酒は、取りすぎると、胃潰瘍になる。こうじ屋さんで、 最大大さじ3と言われたと思います。
食べ物は必ず温める。飲み物も最低でも、50度、電子レンジは使わない。できることなら、冷蔵庫を捨てる。成長期の子供がいる我が家ではすてられない。平成24年3月25日から、甘酒を大さじ3、6月1日から大さじ6、4月25日から米こうじの味噌を食べ、飲み物は、暖かい煎茶、番茶(おろしショウガ入り)
朝、野菜の味噌汁 甘酒大さじ6、昼 ジャガイモのオーブン焼き3個
(250℃のオーブンで40分から60分)
ジャガイモのビタミンCは加熱しても壊れない 北あかりがよい
梅干しの失敗7個(梅には浄血作用がある)
夕飯には、野菜とご飯、魚、たまに冬みかん2個、串団子、大福、カロリーの取れない時、餅、魚卵、食事療法中の注意は、白いほくろがでるときはたんぱく質不足 魚肉ソーセージでカルシウムを取った、本当はどの魚にどのくらいのカルシウムが入っているか調べれば良かったのだがそこまでの余裕はなかった。
熱は、最初は、一日中それから午前中、あとから、2時間位になった。
臭いオナラが出続けた。6月には、腹痛がひどく40分程やむ。
救急車を呼ぼうと思うほどだったがそんな勢いで腸の悪い物をこうじがとってくれた。
それぐらいこうじは日本人の体にとって、ガンをやっつけてくれるありがたい存在なのです。
みそは、酵母と酵素の宝庫なのです。
現在スーパーで売られている味噌は加工大豆と表示され、油を絞った残りカスに酵素剤を入れ調味料で味付けされたものである。
それでこうじを取らなくなったことで、日本人にガンが増え続けていると思います。
みそは作らなくてもこうじ屋さんの味噌を買えば良いのだけどA市では、
4月と12月のみの予約販売である。
15度以下のところに置かなくては、いけない冷蔵庫をふさいでしまう。
スーパーにもこうじの味噌が売られていますがほんの少しで840円もします。 こうじ屋さんの味噌は1キロ千円だったと思います。
今は車を保有しておりますが、バス代がかかるため1キロのこうじを手にいれるのに880円の交通費がかかるそれで私は、友こうじ法という方法でこうじを作りました。
本を読みながら手探りの作業でした。
甘酒については、甘くなく飲みやすいのです。どんどん起こしていくとあまみが少しずつ減ります。
味噌については、こうじ屋さんの甘いこうじの方が美味しいです。

これは、私が立てた仮説です。
それでも10人1人でも痛みが取れてくれればと思い、ネットに載せることにしました。
実施期間は、、3から6カ月位が、妥当だと思います。私は、1年半やり続け、カルシウム不足になり、足が痛く、ひどい目に、あいました。
それで牛乳を慌てて飲みました。
私の場合は、すごく弱っている時、牛乳を飲むと熱が出ますが、それ以外は、なんでもありません。
今は黒い練りゴマを、大さじ3 味噌汁に入れ540ミリグラムのカルシウムを取り、乳製品で240ミリグラムのカルシウムを、とっています。
カルシウムを取るとき、ビタミンDの摂取も注意してください。
カルシウムの吸収率が上がるそうです。
食事でビタミンをとって下さい。
あくまでも実施については自己責任でお願いします。
和食は日本人の体質に、合っていると思いますが、人生50年の食事のように思います。
人生100年の今は、いろいろなものを食べて、少しでも健康に近づきたいと思います。
私は機械操作がひどく苦手で、息子に打ってもらいました
息子に感謝します。
それと見守ってくれた先生に感謝します。
私は死にたいと話し、病名の告知は受けていません。あることでしってしまいましたが、血液がんの1つで、多発性骨髄腫です。私はお医者さんの話を聞いてもあまりよくわからない患者です。
難しい話が苦手です。

参考文献 麹の「生きた力」を引き出す本
株式会社青春出版社