麹療法 3

吉野料理教室 よろしくお願いします ごま

<script data-ad-client=”ca-pub-4041836746928942″ async src=”https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>

自分では皆さんに、麹を取ることを勧めていましたが、痛みがなくなると、和食も嫌だし、麹は、いずしで、とっていましたが、それも飽きてきて、なんか体調が悪くなり、また、麹で作った 甘酒を飲み始めました。そしたらお腹がすごく痛くなり、腸の悪いものをはぎ取られるような痛さです。甘酒が甘くて飲めないので、豆乳ときな粉を、入れています。そしたらいくらかマシです。少し体調が良くなり私は、2 、3時間、普通にうごける時間があります。あとはぐったりしたり、熱を出してたりしています。この8年間で、今年が、いちばん良いのです。今年が楽しみです。プリンを作ったり、パンを焼いて失敗したり、息子に、ブーブー怒られました。
娘は大学3年で、息子は高二で、あと1年ちょっとで、ひとり暮らしになる予定です。それで、誰かと一緒に暮らしたいと思い、A市が運営している結婚相談所に申し込もうと思い、電話しました。相談員の方に、写真が必要と言われ、写真屋さんで撮ったほうがいいと、勧められました。A 市で子供の写真を撮るときに探した1番安い写真屋さんに、行きました。それでも、3,700円もするのです。ブスなので、写真を見て、断られそうです。相談員の方も、綺麗な人が、好まれると、言うようなことを言っていました。娘は自分の写真を、若い時の写真だと言って、出したらといいます。会ってみればすぐわかってしまうことなので止めておきます。A市の結婚相談所では、独身証明と言うのを持ってきてくださいと言われ、そんなものがあるんですね。写真交換でボツのような気がしますが、一応努力はしてみようと思っています。
これから夕飯を、真面目に和食にしようと思っています。今日は、ホッケの煮付け、宝袋、金時豆、おんせんたまごを作りました。
アー、和食はうんざりだなー、ビーフシチュー、ミートスパゲティー、食べたいなぁ

他の方の がん闘病ブログを見たら、亡くなった方のものでした。人ごとではありません。

平成24年の6月には、もう あたしに、死が、忍び寄っていました。自転車を、こぎながら、もう二度と、外の風景を、見る事はないと、思いながら 、病院に向かいました。それは何とも言えない、この世との別れだなあと、しみじみとしたものでした。家で死んだら、子供たちが、どうしたらいいか、 わからなくなるだろうと思い、病院で、しなせてもらおうと思ったのです。先生や看護師さんは、 死に慣れていて、その方が安心だと思ったのです。 わたしは看護学校を、3年生で、足が痛くて、立っていられず、中退しているのです。その病棟にも、実習 でいったことがあるので、私と同じように、背中の痛みを、訴える患者さんがいて、看護婦さんに、治る病気なのと聞くと、首を、横に振られました。27 年前は、白血病も治らない病気と言われていました。陰で、医療関係者が、その病棟のことを、死の病棟と呼んでいました。今は白血病が良い薬が出ていて、治る病気になっているようです。私は、多発性骨髄腫なんて、なんて 、 運が悪いんだろうと、 思っていました。こうじに、であって、働くまではいかない状態ですが、日常生活は、何でもないのです。暖かくなったら、日帰り温泉や、お花見に行くのを楽しみにしています。でも、5キロ以上の重いものを持つことや、雪かきができません。

麹療法 2

吉野料理教室 よろしくお願いします ごま

<script data-ad-client=”ca-pub-4041836746928942″ async src=”https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>

ごまを食べ始めてから、何日たったかわかりませんが、めまい、ふらつき、熱、倦怠感がとれた。自分でも信じられません。ただ横になっていることが多かったため、起きて体を、動かし始めると、体が、筋肉痛で痛くてたまりません。まるでお産の後、病院から戻ってきたような感じです。ごまを食べて、みようと、思ったのは、お坊さんが、栄養不足の時、ごまを食べると、良くなったと、人から聞いた、記憶があったからです。仕事は、採用してくれるところがあるかわかりませんが、いちにちに2から3時間の事務の仕事をしようと思っています。ワードとエクセルができないといけないので、覚えたいと思っています。そして体を動かしても良くなってきたら、まず焼き場のお茶だしのパートに行きたいと思います。今お盆だけお寺さんに、お参りを頼んでいる家が、多いとのことですが、私は信心深いわけではないのですが、父、母が出てくるので、毎月、お参りを頼んでいます。焼き場に行ったら、父と母と話せるような気がします。この世とあの世の境が見えたら、焼き場のパートは、れいに憑かれたら困るのでやめようと思います。しかし、ごまを、食べて良くなるなんて、お医者さんに話したら、こまっちゃうですよね。このブログを見た人は、身近な人で、がんの人がいたら、このブログの中身を、伝えて下さい。私は、医食同源と言う考え方が、好きで、食べ物で、体が作られていると、食べることを大切に考えています。
体が痛まないことが、どんなに素晴らしいことか、病気をとおして、教えられました。すべての病人の願いであると思います。
私も女ですから、顔のシミをとても気にしていました。何十万も払わなければ、取れることはないだろうと思っていましたが、かなり取れました。私の願いって、とてもささやかだと思います。

麹療法 1

吉野料理教室 よろしくお願いします ごま

1 

こうじ療法<script data-ad-client = “ca-pub-4041836746928942” async src = “https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”> </ script>

これで癌の激痛から解放された

1人でも多くの人が痛みから解放されるためにこれを書きました。
日本人にガンが増えたのは麹を取らなくなったのが原因だと思います
平成22年4月より少しでも良くなりたい一心で本を読んで、できるだけのゲルソン療法を行いました。激しい痛みが足を襲い、2週間部屋の中を転がって 歩いた。ほくろがかなり減った。たんぱく質を控えるため、皮膚が、ボロボロになった。かなりの痛みが取れたが最後の背中の激痛が残った。そして考えてみましたが、8年前に離婚した夫と生活していた頃には、病気は進まなかったのです。夫の親がくれるすごくしょっぱい味噌を食べて いました。娘が言うには、夫の親の家の味噌は 甘かった。私は鈍いので、1年以上もつような(常温で)、しょっぱい味噌を持ってくる、それが意地悪とは、気がつかないのです。夫の母は、味噌は、煮立ててはいけないとよく言っていましたがよく意味がわかりませんでした。それで、煮立ててしまうことが多かった。趣味で、作っていた梅干、鰊漬けを作れなくなってから、癌になった父、私は、こうじと梅干しと和食に何かあるのではないかと疑いをかけてみました。こうじが 80度で死ぬことがわからず みそを 沸騰 させることが 多かった。でも病気は、あまり進まなかった。以前住んでいたA市に戻り、病院にもかかったが、室内の移動も満足にできなくなっていった。それで、私は、こうじを取らないことが、原因ではないかと疑いをかけました。50年前まで、各自の家で味噌は、作られていた。こうじで作った甘酒については、江戸時代に夏バテ防止に効果のある健康飲料として親しまれていたといいます。味噌、甘酒、三升漬、塩こうじの漬物を食べ、私は、日常生活には支障がなく、仕事を始めたいと、考えられるようになった。 でも今現在激痛はなくなりましたが、だるさと熱で、仕事ができる状況ではありません。50年前、鶏肉は、月1回、豚肉は、年の暮れに1回、冷蔵庫がない。がんは、タンパク質、脂質、砂糖の摂りすぎ、冷蔵庫、エアコンの普及による冷え、避けられないストレスによるものと考えられます。
日本人は、米、大豆、麦、野菜、魚を、食べていた。和食以外は、消化に負担がかかり、消化酵素の消費が多いと考えられる。人間の体は、代謝酵素と消化酵素があり、150歳位まで生きられる分持って生まれてくると言われている。消化に負担がかかると代謝に回る酵素が減り病気になる。日本人では乳製品の合わない人がいる。アトピーは病気では無い。日本人の体質である。父は牛乳を飲むとお腹がゴロゴロするといい乳製品は、ほとんど取れなかった。乳製品、肉、パンはダメ、甘酒は、取りすぎると、胃潰瘍になる。こうじ屋さんで、 最大大さじ3と言われたと思います。
食べ物は必ず温める。飲み物も最低でも、50度、電子レンジは使わない。できることなら、冷蔵庫を捨てる。成長期の子供がいる我が家ではすてられない。平成24年3月25日から、甘酒を大さじ3、6月1日から大さじ6、4月25日から米こうじの味噌を食べ、飲み物は、暖かい煎茶、番茶(おろしショウガ入り)
朝、野菜の味噌汁 甘酒大さじ6、昼 ジャガイモのオーブン焼き3個
(250℃のオーブンで40分から60分)
ジャガイモのビタミンCは加熱しても壊れない 北あかりがよい
梅干しの失敗7個(梅には浄血作用がある)
夕飯には、野菜とご飯、魚、たまに冬みかん2個、串団子、大福、カロリーの取れない時、餅、魚卵、食事療法中の注意は、白いほくろがでるときはたんぱく質不足 魚肉ソーセージでカルシウムを取った、本当はどの魚にどのくらいのカルシウムが入っているか調べれば良かったのだがそこまでの余裕はなかった。
熱は、最初は、一日中それから午前中、あとから、2時間位になった。
臭いオナラが出続けた。6月には、腹痛がひどく40分程やむ。
救急車を呼ぼうと思うほどだったがそんな勢いで腸の悪い物をこうじがとってくれた。
それぐらいこうじは日本人の体にとって、ガンをやっつけてくれるありがたい存在なのです。
みそは、酵母と酵素の宝庫なのです。
現在スーパーで売られている味噌は加工大豆と表示され、油を絞った残りカスに酵素剤を入れ調味料で味付けされたものである。
それでこうじを取らなくなったことで、日本人にガンが増え続けていると思います。
みそは作らなくてもこうじ屋さんの味噌を買えば良いのだけどA市では、
4月と12月のみの予約販売である。
15度以下のところに置かなくては、いけない冷蔵庫をふさいでしまう。
スーパーにもこうじの味噌が売られていますがほんの少しで840円もします。 こうじ屋さんの味噌は1キロ千円だったと思います。
今は車を保有しておりますが、バス代がかかるため1キロのこうじを手にいれるのに880円の交通費がかかるそれで私は、友こうじ法という方法でこうじを作りました。
本を読みながら手探りの作業でした。
甘酒については、甘くなく飲みやすいのです。どんどん起こしていくとあまみが少しずつ減ります。
味噌については、こうじ屋さんの甘いこうじの方が美味しいです。

これは、私が立てた仮説です。
それでも10人1人でも痛みが取れてくれればと思い、ネットに載せることにしました。
実施期間は、、3から6カ月位が、妥当だと思います。私は、1年半やり続け、カルシウム不足になり、足が痛く、ひどい目に、あいました。
それで牛乳を慌てて飲みました。
私の場合は、すごく弱っている時、牛乳を飲むと熱が出ますが、それ以外は、なんでもありません。
今は黒い練りゴマを、大さじ3 味噌汁に入れ540ミリグラムのカルシウムを取り、乳製品で240ミリグラムのカルシウムを、とっています。
カルシウムを取るとき、ビタミンDの摂取も注意してください。
カルシウムの吸収率が上がるそうです。
食事でビタミンをとって下さい。
あくまでも実施については自己責任でお願いします。
和食は日本人の体質に、合っていると思いますが、人生50年の食事のように思います。
人生100年の今は、いろいろなものを食べて、少しでも健康に近づきたいと思います。
私は機械操作がひどく苦手で、息子に打ってもらいました
息子に感謝します。
それと見守ってくれた先生に感謝します。
私は死にたいと話し、病名の告知は受けていません。あることでしってしまいましたが、血液がんの1つで、多発性骨髄腫です。私はお医者さんの話を聞いてもあまりよくわからない患者です。
難しい話が苦手です。

参考文献 麹の「生きた力」を引き出す本
株式会社青春出版社