麹療法 6

吉野料理教室 よろしくお願いします ごま

 

佐藤初女さんの本を読みました。とても感動しました。にらの黄味あえ、豆腐の白和えを、作りました。2回目からは、様子を見ながら、白ゴマをすり、味噌とみりんを、加えました。とってもおいしかったです。あたしは美味しいお米の炊き方って、土鍋でたくことしか、できません。初女さんのように、ご飯を炊くことについての知識がありません。おいしいご飯が食べたい時は、土鍋でたきます。みずをはかったりするのが苦手なので、炊飯器の釜で、三合たく時は、三合の線に合わせて、静かに土鍋に移します。
自宅静養が守れません。息切れしながらも、動いてしまいます。するとどうなるかと言うと、夜 、動悸がして、寝られなくなります。病院の先生には、自分のしていることを、とても話せません。私は、都合の悪いことは、何も話さない患者なのです。このブログを読んでいる人は、私が、誰であるかということを、突き止めないでください。病院の先生に、知られて、入院となるのが、怖いです。私には子供がいて、私の作るご飯を、楽しみにしています。失敗をすると、子供からブーブー言われますが、それが、会話の糸口となり、子供が学校生活を、ぼそぼそと、話し始めるのです。

「麹療法 6」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です