麹療法38

吉野料理教室 よろしくお願いします ごま

麴療法38

オリンピック反対
医療従事者も飲食店関係者もみんなすごく大変な思いをしている
外国の人に来てもらってその人が日本で命を落とすことになったら大変だ
ワクチンは外国製に頼っているといつになるかわからない
日本では5.3兆円の軍事費を使っている
ワクチンを開発しているところは今三社と報道されている

4社でした
そこに2兆円規模の投資をしてほしい
できるであろうワクチンを物のない状態でかってあげて欲しいそうすれば製薬会社も30万円払って実験台になってくれる人を見つけられる
健康な人にワクチンの実験台となってもらうためには30万円ぐらい必要だろう
70代の女性がこう言っていた国会議員は何一つ実績を示していないのだから体を張ってほしいとすなわち無料でワクチンの実験台となってほしいということだあの人たちは豊かでお金を持っているからそれが国民の正直な声ではないだろうか私もそう思う
ワクチンを打つ優先順位は本当に高齢者でしょうか
医療従事者はもちろん先ですが 病院の売店に働いている人もとにかくコロナの患者さんに関わる人は皆に打って欲しい
晩婚化が進んでいます50代半ばを過ぎても中学生のお子さんのいる人は少なくないと思いますその中で心筋梗塞になったりそれでも頑張って働いてる方もいます
私は子供がいて基礎疾患を持っている方に一番先にコロナワクチンを打ってあげてほしい
ワクチンが足りないのであれば人口に応じて割り振るしかないんだけど
それは医師会の先生を信じて分配してもらうのがいいと思うどういう患者に打ちたいかっていうことで私なら子供がいてスーパーに勤めてるとか人と接する機会の多い人を優先させてあげてほしいと思う
命は平等だと言うけれど私は子供が社会人となるまでは絶対死ねないと思ってしがみつくように痛みの中這いつくばっていきてきた
子供に対して満足なことができていたかといえばお恥ずかしいぐらいの有様ではあるけど私が死んでしまえば子供は誰もいないのである

9割方がんになってしまうものを発見
旭川の市営住宅に入居してからどんどん具合が悪くなってきた
めまいふらつき痛みでどんどん歩けなくなって言ってしまった
なぜそうなったのかどう考えてもわからなかった
以前栗山町に住んでいた時は周りの人から子供が小さいから農薬は撒いてはいけないとがっちり言い渡されていた
草むしりが間に合わず 恥だと言われることもあった
旭川には緑の相談所というところがあって作物の栽培の仕方とか教えてくれる
雑草についての相談をしたらラウンドアップをまけばいいって教えてくれた
今までは除草剤が悪いとためらっていたが、まいた
その夜から歯が痛くて動けなくなってしまったその鋭い痛みは
以前市営住宅にいた頃の癌の痛みとすごく似ていた
ということは私が動けなくなった原因は除草剤のラウンドアップだったということだ
ラウンドアップがんということで調べてみると
アメリカの男性がラウンドアップを作っているところを訴え 裁判所が320億円の支払いを命じている

なぜ日本ではラウンドアップが禁止にならないのか不思議に思いますよね

アメリカのトランプ大統領がラウンドアップの規制を緩めて
それを買うためには日本でも規制を緩めた
農薬のことは貿易と深く関わりがあるんですね
自動車で儲けているからそのことに目をつぶらなければならない
それが国の考え方なんだと思うけど
お金をどんなにもうけても体には変えられませんよね
周りの人がどんどん死んでいくそれが一番やなことですね

ラウンドアップは食べものと飲み物
呼吸して肺から、除草剤が取り込まれます
の二つを無くさなければいけません

長い期間無農薬野菜を高くても買って食べていましたそれでもほとんど効果がなくまさか除草剤が原因とは考えることができませんでした

ラウンドアップは商品名です この会社はベトナムで枯葉剤を作った会社だとネットに書いてありました

他にはグリホエキスとか商品名があり

薬の名前はグリホサーと

参考サイト
https://www.shizenha.ne.jp/coop/view/2/glyphosate/
グリホサートを
取り込みたくない!
ビデオを見てください いかに多くの国で禁止されてるか

衝撃的なこともおしえてくれます

こっちも読んでほしいサイト
ある農薬が世界で規制され、日本で緩和される理由

今歯が痛くて仕方がなくてカロナール400を飲み痛みをこらえながらこれを書いています

言いづらいことをズバズバ言うから私は人から嫌われると思うけどガンの痛みは半端の痛みではありませんこれでかなりの人がんにならずに済むのであれば私は嬉しいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です